武蔵野五輪弾圧救援会

2021年7月16日に東京都武蔵野市で行なわれた五輪組織委員会主催の「聖火」セレモニーに抗議した黒岩さんが、『威力業務妨害』で不当逮捕・起訴され、139日も勾留された。2022年9月5日の東京地裁立川支部(裁判長・竹下雄)判決は、懲役1年、執行猶予3年、未決算入50日の重い判決を出した。即日控訴、私たちは無罪判決をめざして活動している。カンパ送先⇒郵便振替00150-8-66752(口座名:三多摩労働者法律センター)、 通信欄に「7・16救援カンパ」と明記

控訴審第1回公判報告…被告側が提出した全ての証拠が採用され、証人尋問についても検討するとの決定

 11/22、武蔵野五輪弾圧裁判の控訴審第1回公判が東京高裁(大善文男裁判長)で開かれました。

 この裁判を担当する東京高等裁判所第2刑事部は、本来は高裁の720号法廷で行われるのですが、厳しく警備するための部屋ー429号法廷で実施されました。そもそも東京地裁・高裁の入口では金属探知機などで持ち物をチェックされるのですが、429号法廷に入る前にも数十人の廷吏に囲まれながら二人ずつ身体検査という、とんでもない敵対的な法廷でした。

 37席の傍聴席は埋まって、午後2時開廷。

 救援会では、「控訴審初公判で結審され、こちらの申請証拠は全部不採用になっていまい、第2回公判で判決になる」と予想して、抗議する気満々で臨みました。が、な、な、なんと!

1,弁護団が提出した4証拠が、検事は全部「不要」と主張したにも関わらず、すべて「証拠採用」されました!
 ①宮本弘典先生(刑法)意見書

過度に広汎な処罰の禁止と刑法上の違法性(前半) ーいわゆる「武蔵野爆竹事件」における威力業務妨害罪の成否をめぐって…宮本弘典氏意見書 - 武蔵野五輪弾圧救援会

過度に広汎な処罰の禁止と刑法上の違法性(後半) ーいわゆる「武蔵野爆竹事件」における威力業務妨害罪の成否をめぐって…宮本弘典氏意見書 - 武蔵野五輪弾圧救援会

 ②酒井隆史先生(社会思想史)意見書

現在の権利・自由は、既存の秩序に打撃を与える直接行動をした勇気ある人々が切り開いてきた…酒井隆史氏意見書 - 武蔵野五輪弾圧救援会

 ③笹沼弘志先生(憲法)意見書

国会を正常に機能させるために黒岩さんは請願権を行使した…笹沼弘志氏意見書 - 武蔵野五輪弾圧救援会

 ④当日参加の松下玲子・武蔵野市長による「退場を遅らせる指示は受けなかった」との文章

2,弁護団・黒岩さんが求めた、「被告人質問」「武藤元五輪組織委事務総長」の証人尋問は、「却下」されず、「留保」となりました。
 黒岩さんへの被告人質問は、次回実施の可能性十分ありそう…。公安事件の控訴審では余りない展開です! ついでに武藤敏郎(元2020年東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会事務総長)も証人として出てきてほしい!

というわけで、次回公判は3月になるようです。思わぬ展開になってきました! またお知らせします。

大善文男裁判長(東京高裁)は2023年3月13日、袴田巌さんの再審請求について、検察側の即時抗告を棄却し、再審開始を認める決定を出した。袴田さんは、1966年に静岡市でみそ製造会社の専務一家4人を殺害したとして、死刑判決が確定している。検察が証拠として出したのは、事件から1年2か月後にみそタンクから見つかったという犯人が事件時に着ていた血液のついた「5点の衣類」で、有罪の重要な証拠とされてきた。再審決定の中で、こられの衣類について、捜査機関が隠した可能性が「極めて高い」と指摘した。これに先立つ2022年11月1日、大善裁判長は静岡地検を訪問し、検察側の衣類のみそ漬け実験を視察していた。