武蔵野五輪弾圧救援会

2021年7月16日に東京都武蔵野市で行なわれた五輪組織委員会主催の「聖火」セレモニーに抗議した黒岩さんが、『威力業務妨害』で不当逮捕・起訴され、139日も勾留された。私たちは、無罪判決をめざして活動している。カンパ送先⇒郵便振替00150-8-66752(口座名:三多摩労働者法律センター)、 通信欄に「7・16救援カンパ」と明記

女性は、異性に体を触られる恐怖を感じることなく裁判にかかわれないのか? セクハラ退廷に抗議・要請を申し入れ

5月18日、私たちは東京地裁立川支部に、女性も安心して裁判にかかわれることを願い、4月20日のセクハラ退廷に対する抗議・要望書を提出しました。1か月後に回答するよう求めています。

セクハラに鈍感な裁判官・裁判所がどんな回答をよこすのか、それとも人民を裁くくせに自分たちのセクハラ行為にはケツをまくるのか?? 続報をお待ちください。

 

==============

               2022年5月18日

東京地方裁判所立川支部御中

 

            武蔵野五輪弾圧救援会

      武蔵野五輪弾圧5.18公判傍聴者有志

 

 

    抗議・要請文

 

 4月20日15時から、東京地方裁判所立川支部101号法廷(竹下雄裁判長)で、第5回武蔵野五輪弾圧の公判が行われた。傍聴者は、裁判所に入る前に体についている金属製品と荷物をチェックされ、さらに法廷に入る前に荷物を預けさせられた上に金属探知機で体をチェックされた。法廷には6人の男性廷吏(法廷警備員)がいた。

 裁判では、2021年7月16日に武蔵野陸上競技場で行われた調布・三鷹武蔵野市東京五輪「聖火」セレモニーの終了直後に爆竹を鳴らして五輪・「聖火」に抗議して逮捕され威力業務妨害罪で起訴されたKさんが、無罪を争っている。セレモニーの一部を孫請けした株式会社スパイダー・U氏への業務妨害で公判が進んでいるが、Kさんが抗議したのはスパイダーではなくセレモニー主催者の東京都と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会である。そこで武蔵野五輪弾圧弁護団は、武藤敏郎東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長の証人尋問を求めていた。しかし、第5回公判で被告人質問の終了後、竹下裁判長は、武藤敏郎を証人として採用しないことを告げた。

 「セレモニー業務の責任者である武藤事務総長の意向が反映されずに判決が書かれてしまう」との危機感を持った女性傍聴者1名(Aさん)が、裁判官らの決定に異議を唱えた。すると、竹下裁判長は、傍聴席で話したことを理由にAさんに退廷を命じた。退廷に納得できないAさんが異議を訴えていると、竹下裁判長の命令で、101号法廷にいたすべての廷吏がAさんを取り囲んだ。Aさんが、女性の体を男性職員が触ることはセクシャルハラスメントなのでやめるよう訴えたが、裁判長らはまったく聞き入れず、取り囲んだうちの4人の男性廷吏がそれぞれAさんの手・足一本ずつを抱え上げ法廷の外に運んだ。

 セクシャルハラスメントは日本語で性的嫌がらせと訳されており、生物学的・社会的な性差を理由とする差別的取扱いをさす。本人の意に反する性的言動を行うことである。

 法廷では、裁判官の命令は絶対である。退廷は許せるものではないが、強制的な退廷を命ずるとしても、女性傍聴者の身体に接触する行為を女性廷吏に対応させる判断をするべきだったはずである。男性廷吏が行うことを前提に強制的退廷命令を裁判長が言い渡すのは、女性に対しては実質的には性的嫌がらせ命令となる。男性が退廷になる場合には感じなくてすむ異性に体を触られる苦痛を女性だけが受けなければならないのは、女性差別である。

 セクシャルハラスメントの被害・加害者は性別を限定されていないが、加害者の多くは男性であり、被害者の多くは女性である。社会や家庭で優位な立場にあることが多い男性が、女性の意思・声を踏みにじることが許されてきた。今回の暴力も、高い地位・優位な立場にいる男性裁判長が法廷内で支配下にある女性傍聴者にセクシャルハラスメントしたことは、社会の縮図といえるだろう。

 私たちは、法の番人たる裁判官らが、人権への配慮を怠り、公権力を行使して、Aさんの「やめて」との訴えをきかずに堂々とセクシャルハラスメントを実行したことに強く抗議する。Aさんへの謝罪と、すべての人が性・身体・人種・信条などを理由に裁判所内で差別されないようにすることを求める。

 

 私たちは、東京地裁立川支部に対して以下3点を求める。2022年6月17日までに上記宛先まで、どのように対応するかを回答してください。

1、Aさんにセクシャルハラスメントをしたことを謝罪してください。

2、裁判官は、異性の体に接触することを職員に対して命じないでください。

3、裁判所職員は、異性の体に接触するのをやめてください。

 

==================

 

5/18公判速報! 求刑懲役1年を糾弾するぞ! 4/20セクハラ退廷攻撃に抗議申入れを実施!

5/18第6回公判論告求刑の前段で、4/20第5回公判でのセクハラ退廷強行に対して、抗議・申入れを6名で行った。申入れは受け付けたものの、すぐには対応できないと頑なな態度だった、許せない!

公判には、一般傍聴者も含めて満席近い40数名の参加、そして、検察の求刑は、な、なんと懲役1年?!

原発事故緊急事態宣言、コロナ緊急事態宣言下にあって、医療崩壊、入院できないで亡くなられる患者さんがいるというのに、五輪は強行された。国家(法務省も)は、東京都は謝罪しないのか!

五輪組織委員会はバクチク鳴らした抗議をされても当たり前だろう。

私たちは懲役1年の求刑に断固抗議するぞ!バクチク無罪を勝ち取るぞ!

次回公判

第7回公判、7月4日(月):1時半集合3時開廷、最終弁論、被告人最終意見陳述。

多くの傍聴結集をお願いします!無罪を勝ち取りましょう!

第8回公判予定:9月5日(月)、判決公判

第6回公判闘争、懲役1年に抗議のシュプレ!

 

第6回公判、5/18(水)14:30集合! 論告求刑!不当だ!武藤出てこい!セクハラ退廷強行を許さないぞ!

第6回公判

5月18日(水)14:30集合、16:00開廷です。集合時間注意!

前回第5回公判で、黒岩さんの被告人質問の後、裁判長は、不当にも武藤五輪組織委事務総長など3名の証人申請を却下した。許せない!抗議した仲間にセクハラ退廷を強行した。救援会は公判当日、このセクハラ退廷強行に抗議して、裁判所に抗議申し入れをします。

審理を尽くさず、論告求刑を行う裁判所に対して、多くの仲間の結集で、抗議申し入れ、公判傍聴、よろしくお願いします。

 

自衛隊の騒音がうるさすぎる…五輪コロナ禍の獄中よもやま話/立川拘置所編 その4

◆シラミに苦しみ、自衛隊のヘリコプターの騒音に怒り
 肝心の拘置所暮しの話が後になってしまった。1日の日課は、6時半起床(土日休は7時)、点検、7時朝食、その後宅下げなど、12時昼食、その後願事など、13時仮就寝、17時夕食、点検、19時仮就寝、21時就寝である。拘置所は留置場より睡眠時間が長いため気合いを入れなければ眠れないが、やはり眠れない。昼間は運動や風呂や面会などがあるのだが、他の人と擦れ違うときに目が合うのをさけさせるために背を向けさせられる。これは昔から変わらない。留置場編では毎日の日課を書き忘れたが、留置場は点検ではなく点呼とよび、頻繁なことの他は何も変わらない。
 房の中は、3畳の畳とトイレ洗面所スペース。備品は布団と机、そして棚。その1段目には本を置き、2段目には備え付きの食器と購入した歯ブラシ・石鹸・つま楊枝などを置く。私は、あてがわれたキャリーボックスに、本と衣類を几帳面にキチッキチッと詰め込む。しかし、90年代に入った時は感じなかったが、シラミ、ダニ、ノミがこれでもかと私を虐める。特にシラミ。指先の皮膚まで食い込んで痛い。そのためか、普段は整理・整頓好きだが清潔・清掃に無頓着な私が、毎日3度の部屋掃除に勤しむようになった。また風呂だが、夏は週3回、冬は週2回。15分の間に服を脱ぎ、体を洗い、湯船に浸かり、服を着なければならない。私の家の風呂より大きくのんびりできるはずが、長くて5分、短くて3分、湯船にゆっくり浸かるのはなかなか大変である。洗濯は、下着以外は、2000円ほどの有料洗濯か、宅下げして洗濯したものを差し入れてもらわなければならない。上着の洗濯は、面倒くさいのと救援会の仲間に迷惑をかけることもあってやめた。
ほとんど毎日のようにある運動は、何人かを一組にして軍隊行進させ、屋上の狭い単独運動場にぶち込むもの。A棟にいた時、窓格子の向こうに陸上自衛隊の滑走路と戦車が2台見えた。その後も運動場に行くたびにヘリコプターの爆音がうるさかった。怒りが込み上げてきた。寒くなってきたこと、書きものに忙しかったことで、11月以降運動はやめた。

f:id:kyuenmusasino:20220417231452j:plain

武蔵野署

腰痛になってしまった…五輪コロナ禍の獄中よもやま話/立川拘置所編 その3

◆腰痛になってしまった
 それにしても、拘置所に入ってからは慣れないことばかりだった。まず、日用品・書籍の購入。何曜に願事(願箋)を出すと、それがいつ手元に来るのかちんぷんかんぷん。なのに、10月6日、2週間経って慣れてきたという理由で、拘置所生活や手続きが書かれた手引きが取り上げられ、すぐにB棟4階25房に移った。転房を言い渡された時、「まさか自殺予防用の監視カメラが天井にある第2種房ではないだろうな」と気構えたが、そうではなかった。
 それにしても、拘置所の生活や手続きは2週間では覚えられない。救援ノートのおかげもあったが、完全に把握するのにはもう少し時間がかかった。
 まずは、日用品購入。必要最低限度の物を買うのにも金曜に願銭(願事)を出して月曜受付(通常願事は翌日受付)、次の週に入ってくる。マークシート方式で、同じ数字を塗りつぶしたらアウトである。で、耳掻きを3本も買っちゃった。日用品は、石鹸・水にも溶けるティッシュ・衣類など生活に最低限必要なものは一通り揃っている。自動髭剃り器まである。切手と封筒もあるのだが、これも色々制限があって、使ったのは釈放される前に3、4回だけだった。
食品はおやつと飲みものだけ。休日にはおやつも出るし、毎日麦茶が配られたから購入しなかった。書籍は、頼んだ本はほとんど入ることに驚いた。願箋は水曜で、受付は木曜、それは問題ない。が、用紙に「最新巻と何月何日発行は同じもの」と書いたらアウト。岩波書店の「世界」の同じ号が2冊入っちゃった。
 一番困ったのは文書の宅下げである。接見禁止がついている私だが、誰でもいつでも私に本を差し入れることはできる。が、個人に宛てた私書のやり取りはできない。文書の宅下げはは本の宅下げと同じく月曜願箋、火曜宅下げなので、毎日セッセセッセと書いていた意見陳述や外へのメッセージ、個人宛私書など、毎週月曜が作家や漫画家のごとく締め切り日だった。これを言うと今後拘置所に警戒されてしまうだろうが、私書のやりとりはできないてもまったく同じ文章を本や雑誌などに載せる原稿形式ということにすれば外に出せる。私は、それに気づいてからは毎日のように四角いちゃぶ台の前に座り文章を書いていた。しかし、初公判前にはすっかり腰痛が悪化してしまった。

f:id:kyuenmusasino:20220331085347j:plain

立川拘置所の房内